アビエーションワールド

福岡空港

福岡空港
       
空港名 福岡空港
詳細 第二次世界大戦中に陸軍が使う飛行場として建設され、1945年に滑走路が完成した歴史ある空港。驚くことに市街地のど真ん中と言って良い場所にあり、地下鉄を使えば博多市街地には数分でアクセスでき、繁華街である天神にも10分程度で到着する。毎日約4万人の利用者と300便以上が運行されている福岡空港は、年間利用者数が国内第三位となっている。しかし、離発着本数はトップレベルではあるものの、滑走路が1本しか無いため、シーズンや時間帯によっては混雑が激しくなっており、航空法では混雑レベル3(最も混雑)の指定を受けている。滑走路は全長2600m、全幅60m、ターミナルは第一、第二、第三、国際の4棟ある。現在は2019年に予定している国内線ターミナルのリニューアルに向けて各部が改装中。
空港周辺情報
❖ 所在地 福岡県福岡市
❖ 地図
❖ 観光地 柳橋連合市場
詳細 大正7年ごろに那珂川にかかる「柳橋」のたもとで鮮魚商人が魚を売っていたのが始まりだと言われており、歴史のある老舗市場がこの柳橋連合市場です。 博多の台所と呼ばれ、新鮮な魚を売る鮮魚店だけでなく、八百屋さん、酒屋さん、お茶屋さん、果てはパン屋さんまで様々なお店が所狭しと並んでいます。食材を買って帰ることはもちろん、市場の新鮮な材料を使った料理をその場で食べられるお店もあります。市場だけあって日曜祝日が定休日の所が多いのでご注意ください。
❖ 特産品 辛子明太子
詳細 明治40年に現在の韓国にある釜山で販売が始まったのがルーツと言われています。当時の明太と呼ばれていた魚(スケトウダラ)の漁では卵が全て捨てられていましたが、その卵を使って何かできないか?と考えてキムチをヒントに唐辛子漬けが作られたようです。 今では福岡を代表する食べ物になりましたが、辛さがマイルドな物やチューブタイプ、ふりかけや佃煮、スナックなど様々な形になって販売されています。お土産として最も喜ばれるものの一つに数えられています。
❖ お食事 丸天うどん
詳細 一般的な天ぷらとは違い、博多では練り物を揚げたものを天ぷらと言います。さつま揚げのようなこの天ぷらを丼の形に合わせて丸く揚げた物を「丸天」と言い、それをかけうどんに乗せて頂くのが丸天うどんです。福岡のうどんはコシが無くて柔らかく、細くてモチモチしているのが特長です。出汁はいりこを中心に鯖やあごだしなどの魚に昆布を足したもの。醤油は九州地方独特の少し甘めのものを使っています。

<< 前のページに戻る