AIRDO FDA 八重洲出版 やまだいち 青島文化教材社
キャンペーン・イメージ情報
航空ファンの世界 トップページへ キャンペーン・イベント情報トップ 航空ファンの世界 トップページへ

2016年国際航空宇宙展

 平成28年10月20日掲載 ■ 文・写真 : 山本寛文
   
NEW  

2016年国際航空宇宙展 〔その1〕

「2016年国際航空宇宙展」(一般社団法人日本航空宇宙工業会、吉永泰之会長)が10月12日~15日、東京ビッグサイトで行われた。今年は国内外31カ国・地域より約800社・団体が出展し、50年の歴史上で過去最大規模の開催となった。世界のメジャー企業をはじめ、日本全国の中小クラスター企業までが出揃った。海外からはAIRBUS GROUP、Boeing Company、日本からはIHI、IHIエアロスペース、川崎重工業、富士重工業、三菱重工業、三菱航空機などや、宇宙関連ではJAXAも出展した。野外展示場ではステルス戦闘機F-35モックアップや急難ヘリコプターなども展示され、多くの航空機ファンを魅了させた。

   
※各写真をクリックすると拡大します。

三菱重工業、三菱航空機

三菱グループのブース

国産旅客機「MRJ」の胴体部モックアップ

   
MRJの客席モデルを展示 実際に設置されるシート
   

川崎重工業

川崎重工業のブース

国産ヘリコプターBK117シリーズの最新型
「BK117 D-2」が展示された

   
座り心地の良いシート 広く確保されたキャビン
   

富士重工業

中島飛行機創設から100年、富士重工は来年に予定されている社名変更「SUBARU」を強調した

   
陸上自衛隊向けのUH-1Jの後継機種
「UH-X」(40%スケールモデル)
米ベル・ヘリコプター・テキストロン社と共同開発412シリーズの最新機「412EPI発展型機」(40%スケールモデル)
   
2016年国際航空宇宙展〔その2〕へ
 
PAGE TOP ▲