AIRDO FDA 八重洲出版 やまだいち 青島文化教材社
AIC航空写真館
航空ファンの世界 トップページへ

AIC航空写真館 トップページ

メニュー
 ●初号機、原型機、プロトタイプのご紹介 ●ピックアップ写真館 
 ●1960年代 ●1970年代 ●1980年代 ●1990年代 ●2000年代 ●2010年代
 
最近のトピックス
 平成29年07月13日掲載

 

■ ボーイング787-8(35257/160)C-GHPQ エア・カナダ〔2017.7 成田空港〕

エア・カナダが今年、建国150周年で導入した新塗装です。今後自社機300機のすべてが、この新塗装に変わる予定です。


 
 

■ エアバス A350-900(msn019)OH-LWB フィンエアー〔2017.7 成田空港〕

Finn Airは、6月からの夏ダイヤを増便(A350週4便)し、A330に加え、A350も定期路線に入りました。なお、この機体はFinnairの標準塗装でなくOneworld塗装機です。

 
 

■ ボーイング777-200ER(32716/518)AP-BMG パキスタン航空〔2017.7 成田空港〕

パキスタン航空が2015年にベトナム航空(VN-A419)から購入した機体で、塗装は標準塗装でなく、旧塗装(レトロ塗装)となっています。

 
 

■ ボーイング767-300ER(41519/1050)JU-1021 モンゴル航空〔2017.6 成田空港〕

MIAT(Mongolian Airlines)が2013年ボーイングから直接購入した機体で、機首にはChinggis Khaanの文字が見えます。成田路線は通常は737が使用されていますが、この767も時々見ることができます。

 
 

■ ボーイング747-400(BCF)(25238/872)N952CA ナショナルエア・カーゴ 〔2017.6成田空港〕

National Airlinesが2010年Air France(F-GISA)から購入した機体で、最近成田でも見かける様になりました。

 

■文・写真提供 : 航空ジャーナリスト 鈴木 宣勝
 

■経歴 : 1966年運輸省(現在の国土交通省)航空局に入省、33年間の航空機検査官を経験する。その後、3年間の航空機事故調査官を経て2003年4月に航空行政の現場から退くが、その間に検査をした様々な機種のテスト飛行を経験。また、それらに役立つ操縦経験として、宮崎の航空大学校(E-33によるファーストソロ)、八尾の日本産業航空飛行クラブ、桶川の本田航空飛行クラブ等のクラブ員メンバーとして飛行経験を積む。現在は、航空ジャーナリスト協会の会員であり、航空関連雑誌への執筆や学生時代からの趣味である航空写真の撮影を中心に活動。当サイトでは今後、鈴木氏が40年以上にわたり保存をしていた旅客機・戦闘機等の航空写真を掲載予定。

 
航空機に関するご質問
 
皆様が普段、疑問に思われている航空機に関しますご質問を受け付けております。国土交通省で長年に亘り、航空検査官として勤務され、また当サイトの「AIC写真館」にご協力をいただいております鈴木宣勝氏より回答をさせていただきます。ご質問の内容によっては、ご返答までにお時間を頂くものや、お答えできない場合もございますのでご了承ください。また、ご質問と回答は、内容を精査の上、「皆様からいただいた航空機に関するQ&A一覧」へニックネームと共に掲載をさせていただきますので合わせてご了承くださいませ。(お名前は掲載いたしません)

航空機に関する質問

 

 
PAGE TOP ▲