アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

ボーイング727-22 18295/4 N68050 ANA〔1965年1月 羽田空港〕

ボーイング727-22 18295/4 N68050 ANA〔1965年1月 羽田空港〕
写真情報
詳細 1963.5.22初飛行したボーイング727の生産4号機で、1964年4月から65年4月までの1年間、全日空がボーイング社から短期間リースし初の国内幹線専用ジェット便として運航した記念すべき機体でした。なお、この機体は1963年9月にボーイング社のデモ機、ナイテッド航空N7003Uとして、羽田で公開された機体ですが、ユナイテッドでは使用されず、ANAの後、短期間Iran Airにリース、その後は1967年2月からPiedmont Air Linesで使用されました。その後1967年7月19日NCのアシュビル空港から離陸後、空港へアプローチ中のセスナ310と空中衝突、乗客乗員79名全員死亡の航空事故(Piedmont Airlines Flight 22)となった機体です。

<< 「1960年代」トップページに戻る