AIRDO FDA 八重洲出版 やまだいち 青島文化教材社
AIC航空写真館
航空ファンの世界 トップページへ AIC航空写真館 トップページへ 航空ファンの世界 トップページへ

1990年代

メニュー

 ●1960年代 ●1970年代 ●1980年代 ●1990年代 ●2000年代 ●2010年代

   
※各写真をクリックすると拡大します。
NEW  

ロッキードL-1011 TriStar msn1112 N766BEハワイアン航空
1991年 シータック空港〕

1975年から85年までJA8512としてANAで使用していた機体です。その後、ボーイング社が引き取り、1985年から95年までHawaiian Airlinesで使用されていました。

   
AIC写真館
ダグラスDC-8-62 46070/467 N8969U ハワイアン航空
1992年 名古屋空港〕
 
1969年からUnited航空で使用されていた機体ですが、1986年から1994年の間はHawaiian Airlinsが使用しており、名古屋へはチャーター便として何度か来ていました。なお、この後1996年には、エンジン換装をしたDC8-70型となり、ATI、Arrow Air等で使用された機体です。
 
   
マクドネル・ダグラスDC-10-30F cn48312/442 N314FE FedEx
1991年 成田空港〕
ボーイング727-200 cn22437 / 1682 N807EA
イースタン航空〔1990年シアトル空港〕
1988年から2013年までFederal Expressで使用されており、成田でもよく見られた機体ですが、この旧カラーは初期のみで、見る機会は少なかったと思います。
EASTERN AIR LINESは当時AA、UA、DELTA航空と供に米国4大航空会社の一つでしたが、1920年代から続いていたこの会社は、撮影の翌年1991年に運航を停止しました。
   
   
ボーイング737-200C 20440/LN256 F-BJDL エアチャーター
〔1992年 フランス ツールーズ空港〕
ボーイング727-200 20578/888 MT-1037
モンゴル航空〔1997年 関西国際空港〕
パリからツールーズに到着したAIR CHATER ( euralair )の737、後方は、エアバス社の本社工場で、ボーイング・グッピーが2機確認できます。当時はこのグッピー機で、ツールーズ及びドイツ・ハンブルグ工場に部品パーツを運び最終組み立てを行っていました。なお、グッピーは、現在は、その後開発されたA300 ベルーガ型に変わっています。
JA8344としてANAで使用していた機体ですが、1989年にKAL(HL7532)へ売却、その後94年に、このMIAT Mongolian Airlinesが購入、2008年(98年からはJU-1037)まで使用していた。
   
日本ミニチュア・ボールベアリング〔ダグラス DC-10-30CF(47907/157)N10MB〕〔1995年頃 成田空港〕 ボーイング777-200(MSN 27836/45)JA8977
日本エアシステム〔1998年頃 羽田空港〕
NMB(ミネベア社)が、1994年頃から日本とシンガポール工場間の社内定期便と運航していた機体で、前方が貨物、後方PAX仕様となっていた。
1997年JASが導入したMD-90の2号機で、黒澤明監督デザインのレインボーカラー塗装機。
   
ノースウエスト航空〔ボーイング727-200 N721RW〕
91年頃 名古屋空港
JAS〔ダグラス MD-90 JA8020〕 伊丹空港
 
1997年JASが導入したMD-90の2号機で、黒澤明監督デザインのレインボーカラー塗装機。
   
DC-8-55F Palao International Traiders Inc
名古屋空港
Tu-154M MIATモンゴル航空 名古屋空港
   
A-300B4-600R JAS 大分空港

IL-62 LOTポーランド航空 名古屋空港

   
PAGE TOP ▲