アビエーションワールド

大分空港

大分空港
       
空港名 大分空港
詳細 1938年大分海軍航空隊基地として開港。1979年大分県知事平松守彦は先端技術産業の立地を進める臨空工業地帯構想を打ち出し、「豊の国テクノポリス構想」に発展させた。国内線到着ロビーの手荷物受取所のアートワークは2009年グッドデサイン賞を受賞している。空港には無料の足湯があります。(11:00~18:00)
国内線 175万人 国際線 66416人 (2016年)
空港周辺情報
❖ 所在地 大分県国東市
❖ 地図
❖ 観光地 温泉県の魅力
詳細 県内各地に温泉があり別府市・大分市・中津市・日田市・佐伯市・臼杵市竹田市・豊後高田市・杵築市・宇佐市・由布市・国東市・日出町・九重町・玖珠町など至る所にあり、予算目的によって選ばれると良いでしょう。
❖ 特産品 ざびえる〔ざびえる本舗〕
詳細 1551年豊後の国を訪れたフランシスコ・ザビエルは、大友宗麟の庇護を受け、南蛮文化の花を咲かせました。その功績を讃え南蛮菓ザビエルが完成した。バター風味の洋風の皮と純和風の白餡と、ラム酒漬けたレーズンを刻み込んだ代表銘菓です。
❖ お食事 りゅうきゅう
詳細 「りゅうきゅう」は、アジ、サバ、ブリ、カンパチ等の新鮮な刺身を醤油ベースのタレに生姜やゴマなどを入れ漬け込んだ大分の郷土料理です。ご飯の上にのせたものを「琉球丼」といいます。

<< 前のページに戻る