アビエーションワールド

旭川空港

旭川空港
       
空港名 旭川空港
詳細 国立公園大雪山をはじめとした様々な人気観光エリアを持つ道北地方の拠点となることから観光での利用が多い。最近はアジア圏での北海道人気が高まっていることもあり、2019年には国際線ターミナルが整備される予定になっている。
北海道第二の都市である旭川市までバスで約30〜40分の好アクセスであり、ビジネス利用でも不自由することは無い。
また、道内の他の空港に比べて施設の除雪機能が優れており、雪による空港閉鎖が大変少ないのもポイント。
空港周辺情報
❖ 所在地 北海道旭川市
❖ 地図
❖ 観光地 旭山動物園
詳細 旭川に来る観光客にも絶大な人気を誇る全国区で有名な動物園です。その独特の展示方法は「行動展示」と呼ばれ動物本来の行動や能力が見られるように工夫しているところにあります。中でも水辺の動物達であるペンギン、アザラシ、ホッキョクグマの行動展示はオススメです。 また解説付きで動物達の食事風景が見られる「もぐもぐタイム」も人気。これを見るために旭山動物園を訪れる人がいるほど。もぐもぐの時間はあらかじめ決まっているので事前に調べてから行きましょう。
❖ 特産品 木彫り
詳細 北海道を代表するお土産といえば「木彫りの熊」ですが、旭川は北海道で最も早くから木彫りの民芸品を販売していたと記録されています。もともとはアイヌ民族の生活用具をお土産にしていたのですが、大正〜昭和初期の頃に熊が作られるようになりました。熊以外にはフクロウやアイヌ装束の人形が有名ですが、最近は小ぶりで可愛いデザインのものも増えてきています。これらの木彫りは数少ない職人の手によって一つ一つ丁寧に作られています。
❖ お食事 旭川ラーメン
詳細 昭和初期に誕生し、豚骨と魚介(鯵の煮干しなど)のWスープにラードを入れた独特のコクがある醤油ベースのラーメン。そのルーツは旭川では養豚が盛んであったことと、アイヌの人たちが食べていた「ソップ」という豚骨スープの影響を受けたと言われています。1990年代後半に旭川ラーメンブームが起こり、それ以降北海道を代表するラーメンとして現在に至るまで多くの有名店が誕生しています。

<< 前のページに戻る