アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

所沢航空発祥記念館

写真・資料提供 : 所沢航空発祥記念館〔埼玉県所沢市並木1−13(所沢航空記念公園内)〕

概要

1903年(明治36年)、ライト兄弟が「フライヤー1号」で世界最初の動力飛行に成功し、以降欧米における航空技術は急速に実用化され始めました。わが国でもこの動きに刺激されて、航空技術を研究するための臨時軍用気球研究会が1909年(明治42年)7月に創設されました。研究会の最初の事業は、飛行場用地を選定することであり、候補地として所沢、大田原、宇都宮付近、小田原、下志津原が選考の対象地となりました。当時、気球隊が駐屯していた東京府中野町から鉄道の便が良かったこと、地形や気候が気球に適していたことの理由により、所沢が選定されました。

 1911年(明治44年)4月1日、臨時軍用気球研究会所沢試験場が開設され、幅50メートル、長さ400メートルの滑走路と格納庫、気象観測所を備えたわが国最初の飛行場が誕生しました。当初は「アンリ・ファルマン」「ハンス・グラーデ」「ブレリオ」「ライト」の4機が備えられているだけでした。 同年4月5日から15日まで所沢飛行場最初の演習飛行が行われ、演習初日の早朝、徳川好敏陸軍大尉の操縦するアンリ・ファルマン機が高度10メートル、飛行距離800メートル、飛行時間1分20秒を記録し、これがわが国最初の飛行場での初飛行となりました。

 その後、新しい飛行記録が次々と誕生しました。また、日本最初の国産軍用機である「会式一号機」をはじめ初期の飛行機や飛行船の製作、当時のパイロットの訓練等全て所沢飛行場で行われ、1945年(昭和20年)の終戦を迎えるまで、所沢は日本の航空技術の発達に多大の貢献を果たしました。

 この歴史的な経緯により所沢は「日本の航空発祥の地」と言われています。

 終戦後、飛行場は米軍の占領下にありましたが、住民の強い返還運動により1982年(昭和57年)までに基地の約7割が返還されました。一方、所沢を航空発祥の地として永く後世に伝えるため、航空資料の調査収集も始まり、1990年(平成2年)11月、埼玉県立の所沢航空発祥記念館の建設に着手、1993年(平成5年)4月3日、開館を迎えました。 現在、飛行場跡は「所沢航空記念公園」として整備され、航空をテーマとした博物館である当記念館は、公園のシンボル的施設として地域の方々を含め来館者に広く親しまれています。

開館時間

開 館 午前9時30分
閉 館 午後5時00分
(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日 ただし祝日と重なる日はその翌平日
詳しくは、こちらのイベントカレンダーをご覧下さい。
年末年始 12月29日~ 1月1日
※その他、展示保守点検等により臨時休館する場合がございます。
昼食場所 1階研修室(予約団体のみ受付)
無料貸出 ロッカー、ベビーカー(1台)、車いす(2台)
付帯設備 トイレ、多目的トイレ、赤ちゃんの駅(授乳・おむつ交換室)、救護室(ベッド2床)
※バリアフリー情報に関しましては、バリアフリー情報ページをご覧ください。

入館料 ※2019年4月1日現在

券 種 大人 小・中学生 65歳以上
展 示 館 個人 510円 100円 410円
団体 410円 80円 -
大型映像館 個人 620円 260円 510円
団体 510円 210円 -
展示館・映像館セット券 個人 820円 310円 670円
(共通割引券)
団体 670円 260円 -
 
  ※2019年10月1日以降、消費税改正に伴い一部の料金が改定となります。

  ※最新の入館料は、オフィシャルページをご確認ください。

小学校未就学児の方は無料です。
※障害者の方はこちらのページをご覧ください。
※20名様以上のご入館で団体扱いとなります。詳細は団体でのご見学ページをご覧ください。
※大型映像館は各回入替制です。
各回で、大型映像館の入館券のご購入が必要となります。
なお、消防法の規程により定員を超える入場や立ち見はできませんので予めご了承ください。

※65歳以上の方は、年齢を証明できるもの(保険証、免許証等)をご提示いただければ団体割引と同額の優遇措置を適用いたします。

所在地・アクセス

■所在地 : 〒359-0042 埼玉県所沢市並木1丁目1−13 県営所沢航空記念公園内
■アクセス : 各アクセス方法についての詳細は「所沢航空発祥記念館」オフィシャルページをご確認下さい。

各種行事案内

所沢航空発祥記念館「イベントカレンダー」ページへ

館内の主な展示物

◆ 屋外展示 ◆
■YS-11型機
YS-11
YS-11は、第二次世界大戦後、わが国で初めて開発された、ターボプロップ双発近距離輸送機です。開発に当たっては、当時相当数が飛んでいたDC-3型機の代替と、1200m級の滑走路で運用できる短距離離着陸性能を有することに力点が置かれました。1962年(昭和37年)8月30日に、試作1号機が、名古屋空港で初飛行に成功しました。その後、さまざまな問題点をクリアして全部で182機が生産されました。2006年(平成18年)、多くの方に惜しまれながら民間路線から退役しました。ここに展示されているYS-11A-500R機は、全日空所有でエアーニッポンが路線運航していたものです。平成9年4月13日の846便(大島―東京)を最後に現役を退き、全日空のご好意により、埼玉県に寄贈され、6月に所沢航空記念公園内に設置されました。

◆ 館内 1F ◆
■スペースウォーカー
スペースウォーカー
重力体験装置「スペースウォーカー」は、
(1)地球脱出
(2)月面探検
(3)宇宙探険
の3つのコースがあります。(各コースとも一回の体験時間は約90秒程度)
3つのコースとも床と壁面の映像とメカ装置がリンクした新感覚の体験装置です。

◆ 館内 1F – 実機展示 –◆
第一線で活躍していた航空機やヘリコプター、グライダーなどを多数展示しています。
■ニューポール81E2(レプリカ) ※展示館内【地上展示機】
ニューポール81E2(レプリカ)

■会式一号機(レプリカ) ※ロビー展示【吊り下げ展示機】
会式一号機(レプリカ)

■ビーチクラフトT-34メンター
ビーチクラフトT-34メンター

■ワークショップ
ワークショップ
飛行機はなぜ飛ぶのか。飛行の原理をメインテーマに科学の楽しさを、実験や工作教室を通じて参加体験することで実感するワークショップ形式のコーナーです。工作教室では、最大18名が参加してブーメランやタンポポ落下傘、かさ袋ロケットなどを作って飛ばします。ワークショップでは、みなさんに楽しんでもらえる実験プログラムをたくさん開発中です。

◆ 館内 2F ◆
■フライトシミュレータ
フライトシミュレータ/大空
操縦席が動く2軸の揺動型フライトシミュレータや、軽飛行機やヘリコプターの操縦感覚が楽しめる小型シミュレータと一緒に大空を飛ぶ楽しさを満喫してください。また、クイズコーナーやスカイスポーツの迫力と魅力を紹介する展示物などがあります。

  << 一覧表に戻る