アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

航空ジャーナリスト協会

資料提供 : 航空ジャーナリスト協会

活動内容

航空ジャーナリスト協会は1980年3月に発足し、今年、創立30周年を迎えました。日本は第2次大戦の敗戦によりすべての航空関係の活動が禁止され、この禁止令は日本が独立を取り戻し、平和条約が発効した1952年まで続きました。航空再開にともない政府や航空関係者は航空関係の事業を再建すべく生産や運航に大変な努力を始め、早くも1950年代にはT-1ジェット練習機、YS-11旅客機が開発され、飛行を始めました。しかし、事業が進むことに全力を注ぎ、戦争中および戦後の航空機の開発・生産・運用などを体系的に記録する組織も刊行物もなく、航空関係の人々はそれらの散逸を憂慮し、その考えが結集され30名の会員の航空ジャーナリスト協会の発足になりました。それは本会の機関誌の創刊号に当時の会長・中口 博教授が設立の目的として第一にあげた「70年余に亘る我が国の航空史の生き字引といえる先輩方がご存命のうちに資料や情報を蒐集整理し、それらの散逸を防ぐ必要」という言葉によく表わされています。この考え方はその後も継承され、協会規約として明記されています。その後、我々はこの考えに基づき数々の活動をしてきました。最近行った「戦後航空再開前後の航空史」をまとめる活動もその一環として価値あるものでしょう。航空の世界は日進月歩です。最近の先端技術に基づいた旅客機や軍用機の出現には目を見張るものがあります。過去の歴史とともに最近の状況を独自の観点から記録し伝えるのも私たちの責任でしょう。30周年にあたり、設立当初の精神を忘れずに、そしてより広範囲により深く航空関係の情報を蒐集整理して後々のために残す仕事を続けたいと思います。会員諸兄の倍旧のご努力をお願いします。

更新情報 ・お知らせ

2019年7月25日 : 航空ジャーナリスト協会 コレクション2019

最新情報

航空ジャーナリスト協会 オフィシャルサイトへ

  << 「航空ファンの世界」トップページへ