アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

シュドSE-210 カラベル10B3 s/n257 RP-C123 Sterling Philippines Airways〔1976年 羽田空港〕

シュドSE-210 カラベル10B3 s/n257 RP-C123 Sterling Philippines Airways〔1976年 羽田空港〕
写真情報
詳細 1969年OY-STFとしてデンマークのSterling Airwaysへ引き渡された機体ですが、1975年から1979年の間、系列会社であるフィリィッピンのSterling Philippines Airwaysで使用されました。カラベルは1960年代からタイ航空(SAS機)等で使用され見ることができましたが、この機体は最後に製造された頃の機体で、エンジンもDC-9と同じJT-8Dが装備されています。

<<「1970年代」トップページに戻る