アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

ホーカー・シドレー トライデント1C(HS121)sn2105 G-ARPE〔1964年 羽田空港〕

ホーカー・シドレー トライデント1C(HS121)sn2105 G-ARPE〔1964年 羽田空港〕
写真情報
詳細 Hawker Siddeley (現British Aerospace)が開発した3発ジェット旅客機Tridentで1962年に初飛行、1964年5月、日本でのデモフライトを羽田で行ったときのものです。塗装は引き渡し前のBEA(British European Airways)塗装で、この後(1964年7月)BEA(後のBritish Airways)へ引き渡されました。当時、ボーイング社の727も羽田でデモフライトを行う等、ジェット時代の幕開けを彷彿させるものでしたが、結果的にはTrident各型の生産は117機にとどまり、727の一割にも満ちませんでした。

<< 「1960年代」トップページに戻る