アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

フォ-ド 5-AT-B トライ・モーター cn5-AT-11 N76GC グランドキャニオン航空〔1976年 ロングビーチ空港CA〕

フォ-ド 5-AT-B トライ・モーター cn5-AT-11  N76GC グランドキャニオン航空〔1976年 ロングビーチ空港CA〕
写真情報
詳細 1976年ロングビーチ空港の整備地区で見ることができたGRAND CANYON SCENIC AIRWAYSのFord Trimotorです。この当時は現役で、Tin Goose (ブリキのガチョウ)と呼ばれた無塗装の波型外板は美しく、機内もすっきりしきれいでした。1926年製造の機体で、トランスコンチネンタル航空(NC9646)で乗客15人で大陸横断飛行等に使用された機体ですが、Ford Trimotor機は低速だったため200機程の生産で終了、その後はボーイング247、ダグラスDC-2等に代わっています。この写真の撮影後、間もなく、社名がGrand Canyon Airlinesとなり、塗装も少し変りましたが、他の1機(N414H)と供にグランドキャニオン渓谷の中を飛行する遊覧飛行の目玉として飛行していました。この後、1981年ラスベガスの空港で地上事故、その後はSan DiegoのAir & Space Museumで展示(N9637)されている機体です。

<<「1970年代」トップページに戻る