アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

ボーイング727-281 20569/879 JA8339 ANA〔1973年 大阪空港〕

ボーイング727-281 20569/879 JA8339 ANA〔1973年 大阪空港〕
写真情報
詳細 1972年3月導入のANA購入12機目の727-281型機です。1971年2月に初号機JA8328を購入後は、年間12機程のペースで導入。世界中の他のエアライン向けも含めたボーイング社の生産体制等、如何に航空に於ける画期的な時代であったことかが想像できます、当時ANAの導入機等の主要な整備は大阪空港であり、全日空整備(ANAM)でした。また、ANAは727-200型購入機の引き渡しが遅れたことで1969年9月から1970年4月までの約半年間で、購入機以外に計6機の727-200型新造機をPSA航空から短期リースし、国内線需要増加に対応していました。私の仕事面でも当時大阪勤務で充実した内容でしたが、特徴的なこととして、今では通常装備となっている、安全性を目指した新たなシステムGPWS(対地接近警報システム)、SATCOM(衛星通信)等の新規導入に伴う試験等があり、今でも印象に残っているのは松山空港沖の瀬戸内海上空でGPWSのMode3試験を巡航形態で高度500ftまで降下、実際にウォーニングを確かめる試験に立ち会えた事でした。

<< 前のページに戻る