アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

戦闘機の世界 Vol.13 <<「戦闘機の世界」トップページに戻る

 F-105 シリーズ Vol.01及び Vol.06で、1964年 横田基地へ配備されたころの初期のF-105を紹介していますが、迷彩前の機体では、部隊マーク等カラフルでも、当時のカラーフィルムで撮影する機会は少なくあまり、残っていません。本項では白黒ネガと比べると、粒子、解像力等、課題はありますが、当時の雰囲気が分かる1964年当時の横田基地から、私が最後に見ることができた1974年、オクラホマ、ティンカー基地でのF-105までを、カラーで紹介します。なお、横田基地のF-105は1964年5月35TFS(赤)、36TFS(青)、80TFS(黄)の3個飛行隊が板付から移動し(その後6441TFW編成)、1968年1月F-4C ファントムに代わるまで常駐していましたが、当時、ベトナム戦が始めかけたばかりで、部隊の移動、変遷が激しく、部隊名等は参考としてください。