アビエーションワールド - 株式会社 航空情報センタ ー -

戦闘機の世界 Vol.19 <<「戦闘機の世界」トップページに戻る

来年(2020年)中には日本でのF-4戦闘機が総て無くなる予定ですが、現在、最後に残った百里基地でのF-4 第301飛行隊及びRF-4E 第501偵察航空隊の記念塗装機が完成しています。既に航空祭等で展示されており見られた方もいるかと思いますが、12月1日予定の百里航空祭(ファントム 最終章)も含めまだまだ、盛り上がると思われますので、現時点でのそれらの機体を紹介します。なお、撮影は、すべて百里基地、301飛行隊#315機の地上展示は9月の茨城空港空の日イベントでの様子です。参考に#315機のカエル黄色いマフラー上の星のマークは、所属していた航空団に合わせ左翼側が第5航空団の5個、右翼側が第7航空団の7個となっています。